何のために融資を受けるのか、目的をまず考える

銀行か公庫から融資を受ける場合

公庫とは、政府が出資している金融機関です。個人から起業まで幅広く融資を受けられますが、その審査は相当厳しいものと言われています。
個人ですとお子様の教育費の為に融資を受けられる方が主で、他は個人でも経営者の方が融資を受けられます。
銀行は公庫に比べれば審査はそれほど厳しくありませんが、消費者金融のように簡単には融資を受けることは出来ません。それだけ計画を入念にする必要があるという点で、消費者金融に比べて安全だと言えます。利息も消費者金融と比較すれば少ないので、返済額も少なくなります。
公庫は、銀行と比較しても、利息は一番低い金融機関です。その代わり、審査も厳しく融資に至るまでの時間もかかります。返済の見通しが立っており、早急に融資が必要な場合は、多少利息が高くても消費者金融を利用されるのも一つの手段と言えるかもしれません。

個人的に親しい人達から融資を受ける場合

個人的に融資を受けるのは、ある程度の人脈が必要になるので、出来る人も限られてきますが、銀行などと違って審査は必要ないので、その点は気軽と言えると思います。
しかし審査が必要ないとは言っても、何の見返りもなく融資をする人は、肉親以外にはいないと思いますので、ここでも自身の計画をしっかり相手に伝えることが必要です。例えば事業を拡大するにあたっての設備投資の為に融資を受けるのであれば、相手にも利益になるような計画を立てていかなければ融資を受けるのは難しいでしょう。大富豪の気まぐれでも、何も面白味がなければ動きません。個人的に融資を受ける場合は、年収や勤続年数よりも、いかにうまく相手に伝えられるかが問われるので、人を惹きつけられるような話が出来る方でないと、公庫から融資を受けるより難しいかもしれませんね。