銀行にしてもカード会社にしても、正しく利用することが大切

銀行からの融資が通りやすくするには

企業が融資を受ける場合、資金繰りに困っていることが大抵の理由です。
しかしそれをそのままハッキリというだけでは当然融資は受けづらくなります。困っているということは、返済の目途も立てていないと受け取られやすいからです。なので、銀行から融資を受ける場合は、まず何のためにどれくらいの資金の融資を受けたいのかということと返済の手段までを明確にすることがまず始めにすることです。
銀行は何よりも信頼性を重要視しています。どれくらいの資金が必要なのかも把握してないような企業に融資するような銀行はまずありません。
返済手段に関しても同様のことが言えます。融資を受けることにより、これだけの利益が出るだろうという推測でも構いません。銀行側としては、返済方法の明確さが必要なのです。

個人が銀行から融資を受けるには

個人が銀行から融資を受けるために受ける審査基準は、実は消費者金融とあまり変わりません。
年収や勤続年数、年齢、持ち家かどうかも審査の基準に入ります。これは年収が高い方が返済能力が高く、勤続年数が長い方が安定した返済能力があるとみることが出来るからです。住居に関しても、賃貸より持ち家の方が夜逃げの可能性が低くなるとみられるからです。その他にも、他の銀行や金融機関からの借り入れ状況もチェックされます。支払いが滞っている場合は、当然審査も通りづらくなります。
ある程度の年齢で収入も安定していて勤続年数も長い方でしたら、他によほど問題がなければ銀行から融資を受けることは可能です。
ただ住宅ローンになりますと、その銀行独自の審査が入ってくるのでかなり審査は厳しくなってきます。担保や保証人も必要になるので、下準備をしっかりした上で相談に行かれることをお勧めします。